衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
衣笠通信 平成27年9月号
2015年08月26日 10:58

生前贈与加算の対象とならない相続開始前3年以内の贈与

1. 生前贈与加算とは?
相続または遺贈により財産を取得した方のうち、その相続の開始前3年以内にその相続に係る被相続人から財産を贈与によって取得していた場合、その贈与により取得した財産を相続税の課税価格に加算して、相続税を計算する規定です。生前に贈与を受けた財産であっても相続により取得したものとして相続税の課税対象とします。土地のように登記により所有権移転が明確に完了している財産についても例外ではありません。贈与税の支払いがあった場合には相続税より差引くことにより調整します。
しかし、この生前贈与加算の対象とならない贈与の特例についてここ数年、新設・改正・延長が相次ぎましたのでまとめてみました。



以下に続く。


続きはこちらからダウンロードしてご覧ください。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553