衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
衣笠通信 平成26年5月号
2014年05月26日 15:10

税務統計から見た法人企業の実態

1. 法人数
 約250万社で、ここ10年変動なし
 成長が止まっているのではないか

2. 営業収入金額と所得金額
 売上高は減少傾向続くも、24年度は増加
 黒字法人は所得率が4.0%と比較的高い率
 欠損法人は70.3%と相変わらず高い
   (業種によって多少バラツキがある)

3. (略)

4. 繰越欠損金
 相変わらず累積の欠損金は多額
 繰越額の全額控除には7~9年かかる
 これに10年以上かかる業種も相当ある

5. 交際費
 支出額は年3%平均で減少、7年で20%減

6. 寄附金
 22、23年度は震災関連で増加

7. 貸倒引当金
 4社に1社が利用している

8. 減価償却費
 22年度以降設備投資が止まっている
 18~21年度は積極的な設備投資が行われたと推測される


その他、詳しくはこちらからダウンロードしてご覧ください。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553