衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 7/3 キャッシュフロー計算書の見方
2009年07月03日 09:13

経営者のための実務必携  
5.キャッシュフロー計算書(C/F)の見方

%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0090703.GIF
(1)C/Fがなぜ必要なのでしょう。損益計算書に表示される利益の額は、一定の決算方針の下に算出されます。したがって、その利益が果たして適正なのか分からないとも言えます。
 それに対して、キャッシュフローは現金の流れとその増減の結果を厳然と示します。その意味から、特に金融機関などでは、利益の額だけでなくこのキャッシュの増減を重要視することになりました。


(2)正式には上の表のものを使用しますが、金融機関などでは下の簡便法を使ってその企業の財務状況を判断しています。
 
簡便法による営業キャッシュフローを用いた分析としては下記のようなものがあります。
%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A009070302.GIF




トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553