衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 7/24 自社株対策の重要ポイント その1
2009年07月24日 09:08

経営者のための実務必携  
15.自社株対策の重要ポイント その1


(1)決算書ができたら自社株の評価をしよう
 自社株の評価額は決算日に確定します。確定したらその評価額は原則として次の決算日まで変わりません。
 自社株の評価額について何らかの対策を考えられている場合は、決算日より以前から当期の法人所得のことだけでなく株価のことも意識しておかねばなりません。というのも、法人所得または当期利益と自社株の評価額とは深い関連にあるからです。
 そして、決算書が出来上がったら、その数値をベースに自社株の評価をしてください。


(2)自社株評価には2種類の方法がある
 同族関係者間で贈与等がなされる場合の自社株の評価方法は2種類あります。
 詳しくはこちらをご覧ください。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553