衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 7/14 3ヶ月先行管理のすすめ
2009年07月14日 08:50

経営者のための実務必携  
9.3ヶ月先行管理のすすめ


 目的地を定めずにとりあえず出発進行というのでは、企業経営に関しては良くないことであるのはいうまでもありません。
 1年後または数年後には、自分の会社や事業をどうしたいのかという目標を定め、これの達成のために何をせねばならないのかを5W1Hでまとめておくことをおすすめします。

 しかし、多くの経営計画書には大きな欠陥が存在しています。
それは、経営計画において一番重要な項目である売上高について、売上を上げる理由(原因)がはっきり示されていないにもかかわらず、売上数字(結果)が記載されているということです。
 したがって、経営計画書そのものがはじめから根拠のない文書となってしまい、その実現可能性も当然低いものとなってしまうのです。


 私共は以下の2点をおすすめします!

  ①根拠のある経営計画書を作成する

  ②3ヶ月ごとに実績と計画値をチェックする



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553