衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 5/7 飲食業の増販増客作戦 その1
2009年05月07日 09:00

売上拡大のノウハウと事例-売上増の方程式の活用方法  
5.飲食業の増販増客作戦と事例  < 1.飲食業の増販増客の考え方 >

(1)まず増販の3原則の確認を!
   
  飲食業の売上増の方程式=(既存客+一見客)×来店率×客単価

 既存客はどんな店でも100%押さえることはできません。したがって、一見客をたえず増やし、既存客へ変えていき(来店率アップ)、さらに客単価が高くなるようメニュー開発等の工夫をします。


(2)一見客を入れる方法
 
 資金力があれば店の存在をお客様に発信しやすいロードサイドや繁華街の好立地に店舗を構えたり、食材を安く仕入れたりして低価格メニューでお客様にアピールすることも可能です。
 逆に資金力がない場合、飲食業は商品力と接客が基本的には重要ですが、これは競合によりマネられたりするので、一般的にはマーケティング的な組み立てをすることによって、お店に競争力をつけるようにします。
 
 一見客を入れるためにコストをかけない効果的な方法は次のようなものです。

  ・大都市部では近隣ポスティングやハンティング
  ・地方では近隣ポスティングや身内ハンティング

 これらの方法で来店見込客という母数を拡大していき、その来店率を上げる仕組みをとれば売上は上昇していきます。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553