衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 5/26 事例:歯科医院の場合
2009年05月26日 09:00

売上拡大のノウハウと事例-売上増の方程式の活用方法  
7.サービス業の増販増客作戦と事例  < 4.事例:歯科医院の場合 >


(1)歯科医院は競争激化
 歯科医が増加しています。近隣に他の先生が開業されたということが原因で、競争が激化します。
しかし、競争激化はそれだけではありません。
インプラントなどの高額な治療については、患者の方で口コミやホームページ等でどの先生が良いか、情報を集めた上で歯科医院を決定するようになりました。たとえ遠隔地でもいとわないという姿勢です。

 前門の虎、後門の狼ではありませんが、前門には近隣の歯科医院、後門には特殊な治療をする遠隔地の歯科医院が存在するという状況です。


(2)ネガティブなイメージ
 患者からみれば、必要に迫られた時に「仕方なく行くというネガティブなイメージが口コミで伝えられてしまうと、事実無根であってもダメージは相当ついてしまいます。


(3)“歯科新聞”やホームページで3K(継続発信)
 “歯科新聞”はリーフレット形式のちょっとしたものですが、そこに先生の写真や診療方針、虫歯予防の知識などを書いて、上記のようなネガティブなイメージをなくし、プラスイメージを持ってもらうためのものです。
 このリーフレットを自院の受付の他、近くの美容室などに置かせてもらいます。日ごろから自院のことを知ってもらうことが大切だからです。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553