衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 5/21 お店のことを知ってもらおう!
2009年05月21日 08:56

売上拡大のノウハウと事例-売上増の方程式の活用方法  
7.サービス業の増販増客作戦と事例  < 1.サービス業の増販増客の考え方 >


(1)サービス業はお店のことを知ってもらおう!
 サービス業の場合は、基本的にはこれまでご紹介した飲食業や小売業と変わりありませんが、お店とお客様との間に商品という形あるものがないことが大きな違いといえます。
 そのことは、お客様からみれば購入決定にいたるまでのプロセスが長いということを意味します。特にお店のことについて少しでも多くの情報や評判を聞いてからでないと判断をしないといえます。
 どのようにして会社や店舗の考え方、実績などを知ってもらうかは3K(継続発信・高質接触・個別対応)の継続発信にあたります。

 次のステップは、百聞は一見に如かずのとおり、まず店舗に来てもらうことです。
業種によってはこれは無料見学会であったり、割引券を活用して来店を促すことであったりします。また、歯科医院のようにこのようなサービスが不可能な業種では、ホームページに写真を掲載し、院内の雰囲気を伝え、店舗(この場合は医院)に来てもらうよう工夫をします。


(2)再来店率を高める工夫を!
 初来店という高いハードルを越えたお客様ですので、ある程度は店舗について肯定的な印象を持ってくれていると思われます。
 若干でもお店のファンになってくれているのですから、ここでもっと深くファンになっていただきましょう。
そのためには、再来店を促進するような割引券の配布や割引率を少し高め(20%等)に設定するとよいでしょう。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553