衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 4/28 催事販売の目的
2009年04月28日 08:50

売上拡大のノウハウと事例-売上増の方程式の活用方法  
4.主なキーワードの戦略的活用方法 < 2.通常販売と催事販売の連携 >


(1)催事販売の目的

   ・通常販売の落ち込み分をカバーする
   ・新規客の獲得

 ただし、注意したいのは催事販売では通常販売に悪影響を及ぼすようなことをやってはいけないということです。
 例えば、通常販売商品の単なる値引きのような場合です。
 普段売らないものを上得意客のみに売る「上積み方式」や上得意客に友人と一緒にきていただく「同伴方式」など、その店で普段買えないものをコンセプトにしたり、普段は違う店で購入している新規のお客様をターゲットにして他店に落とすお金を自店に落としていただくようなイベント・催事が望ましいでしょう。

 普段扱っていない商品であっても、通常販売の中で信頼関係を形成していれば、催事販売で売上を上げることは可能です。
 また、初めて催事に来られたお客様が次は通常販売に来てくださることもあるので、そこで信頼関係を醸成することができれば、また次の催事にも来てくださる・・・と相乗効果を期待することもできます。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553