衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 4/21 プロセスとツールをうまく工夫する!
2009年04月21日 08:45

売上拡大のノウハウと事例-売上増の方程式の活用方法  
1.売上増の方程式で増収増益へ  その6


 コンセプトとターゲットは絞ることができました。
しかし、チラシをまいたりDMを出したりしてお客様が来るのをただ待つだけでは、思っているほど売上はあがりません。場合によっては諸経費の方が高くついて赤字となることもあります。

 ここでマーケティング手法の出番となります。
昨日ご紹介した事例・子ども向けメガネの販売は、通常の店売りを意味する通常販売とは違い、催事販売と位置づけられます。

 催事販売と定義づけた場合に、考えなければならないことが幾つかあります。
まず、販売目標額の設定です。このときに「売上増の方程式」を活用します。
%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0090421.GIF

この方程式については、このあとその考え方・活用方法・事例などを詳しくみていきます。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553