衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 4/15 中小企業の利益モデル 1
2009年04月15日 08:52

売上拡大のノウハウと事例-売上増の方程式の活用方法  
1.売上増の方程式で増収増益へ  その3


(7)中小企業の利益モデル

%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%80%80090414.GIF

 利益モデルの目的は売値を上げられるということです。
それは、当社・当店が顧客にとって最大の価値を提供できる唯一の存在と認識されることによって可能となります。

 世の中にあまたある選択肢の中から当社・当店を選んでもらうのではなく(これは大企業のみ可能)、顧客の選択肢を狭める仕組みを作り、最初から名指しで注文を受けるようにするのです。

 その方法は物理的に選択肢を奪う方法と心理的に奪う方法とに区分されます。

 前者の「物理的に選択肢を奪う方法」とは、イベント会場のような限られたスペースや、新幹線の駅や車内での飲食物の販売のように、文字どおり物理的に限られたスペース内での販売行為や法律的に事業者が限定されている場合などがあります。

 後者の「心理的に選択肢を奪う方法」については、明日以降、一つずつみていきたいと思います。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553