衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
社長のコラム 4/10 その1 あなたの会社の格付けをご存知ですか?
2009年04月10日 08:50

あなたの会社の格付けをご存知ですか? 決算をする前にご注意を!


 金融機関は年に一度、決算書に基づき融資先企業の格付けを行ない、融資方針や金利対策を決定します。

 格付けの時期は多くは夏頃に行なわれます。その理由は3月に決算をする企業が多く、決算書が作成され入手できるのが5~6月となるためです。
 従って、12月決算の企業なら、決算書は3月頃に銀行へ提出され、夏頃にそのデータが格付けのために入力されるというスケジュールになります。

 格付けは決算書に基づいてなされるので、期の途中での格付けの変更は原則としてありません。
但し、期の途中での下方修正はあり得ると考えられます。

 格付けのための具体的なスコアシートは、ある程度のところまでオープンにされています(ご請求があればお送りします)。

 今回の100年に一度の不況では、金融機関との日ごろのつき合いの大切さを思い知らされました。
決算書の工夫次第で格付けが上下するケースもあるので、決算書の作成には注意が必要です。

 ・同じ赤字でも営業損失、経常損失、税引前当期損失、当期損失の順に重要度が変わる(退職金、特別償却費、引当金繰入、貸倒損失の表記場所)
 ・代表者からの借入は固定負債へ



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553