衣笠税理士法人 | 資産運用、税金、経営、資金繰り、節税、財産、相続税、売上増のことなら衣笠税理士法人
HOME |  サービス内容 | お知らせ | 事務所概要 | リンク | お問合せ
衣笠通信 第14号
2008年01月23日 14:28

平成19年分確定申告の留意点(所得税)


1.今年の申告期限は3月17日(月)です。
   (3月15日が土曜日のため)

2.定率減税は廃止されています。

3.損害保険料控除がなくなり、地震保険料控除となっています。
 (従来の火災保険・傷害保険・住宅保険は対象外となり、地震保険料又は住宅総合保険料などの
 中に地震保険料が含まれている場合は、その部分だけが控除対象となります)
 (控除額は最大5万円)

4.減価償却方法の変更
 ①9年4月1日以後に取得した資産の償却可能限度額は全額(但し1円だけ残す)です。
 ②上記以前に取得した資産
  これまでどおり、取得価額の95%まで償却していきます。
  その後、残りの5%から1円を控除した金額を5年間で均等償却します。
  (例:自家用自動車だと法定耐用年数6年で償却していき、その後残りの
  5%を5年間で償却するということになります)

●主な改正点は以上のみです。

さらに詳しい情報はこちらから。衣笠通信第14号がダウンロードできます。



トップページに戻る
京都の衣笠税理士法人 | 〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町45 TEL:075-463-3553